太陽光で発電した電力を有効に活用する方法をご紹介いたします。

1. 単価1~8円/kWh程度で今まで通り余剰売電をする

今まで通り、太陽光で発電した電力を優先的に使用し、余った電力は1~8円/kWh程度で余剰売電を行う方法です。売電収入は減ってしまいますが、自家消費を優先して行うため電気代を削減することができます。

2. 蓄電池を導入する

太陽光で発電した電力を売電するのではなく、蓄電池に充電し自家消費する方法です。日中、太陽光で発電した電力を蓄電池に充電し、夕方から夜間に使用することで電力会社から購入する電力を抑えられるため電気代を削減することができます。

3. エコキュートや電気自動車でエネルギー源の切り替えを行う

●ガスやガソリンといったエネルギー源を電気に切り替え

多くの方が日常生活で、ガスやガソリンを使用しています。ガスやガソリンといったエネルギー源を電気に変えることにより経済的メリットを出すことができます。

●エコキュートの活用法

エコキュートは割安な夜間電力を使用し、日中の電力使用を抑えることができます。FIT終了後は、太陽光で発電した電力を使用することで、夜間の電力購入を減らすことができます。

●電気自動車に買い替え

電気自動車に乗り換えることにより、今まで購入していたガソリン代を減らすことができます。また、電気自動車の中には蓄電池の機能を搭載しているモデルもあり「非常用電源」として使用することも可能です。