1.そもそも余剰電力がない人は注意!

当サイトで紹介した太陽光発電の活用法は、余剰電力を賢く使うことでメリットがでます。余剰電力が多いほど経済的メリットも大きくなります。まず、自分の家ではどのくらいの電力が余っているのかを調べることが重要です。

2.太陽光発電が発電していなければ意味がない!

太陽光発電システムや周辺機器のメンテナンスは必要不可欠なものです。ちょっとした不具合から機器の故障に繋がります。蓄電池の導入やオール電化にする前に、太陽光発電がきちんと稼働しているかメンテナンスで確認しましょう。(※2017年4月1日に施行された「改正FIT法」により太陽光発電設備のメンテナンスが義務化されました)


2019年問題を受けての補助事業

経済産業省が補助事業を模索

平成30年の予算で「太陽光発電の自立化に向けた家庭用蓄電池・蓄熱導入事業」として予算請求しています。再生可能エネルギーについて更なる導入が不可欠という見解のもと、買取終了を迎える世帯に対し、再生可能エネルギーの用途を「売却」から「自家消費」に切り替えるサポートを目的としています。

今回、予算は獲得できませんでしたが、経済産業省として、2019年問題を見据えての補助事業を展開したいという姿勢が伺えます。今後、どのような展開をしめすか注目すべき点であります。


電力プランの見直し

電力プランの見直し

各電力会社で用意されている電気料金プランの中かから自分に合ったものを選ぶだけで、電気代を削減することができます。